読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームからランドリービジネスを始めるには(ドライクリーニング)


自宅から洗濯事業を開始することに興味がありますか?サンプルの洗濯ビジネスプランテンプレートまたはフィージビリティスタディが必要ですか?あなたは成功した洗濯事業を構築するために必要なものを知りたいですか?はいの場合は、私はあなたが読んでアドバイスをします。

 

ドライクリーニング事業とも呼ばれる洗濯事業は、簡単で収益性の高い事業となります。ドライクリーニングフランチャイズ、家庭用洗濯物など、あなたが関わることができる洗濯事業の多くの側面があります。

洗濯事業を始める方法を知っていることは、通常、あなたが提供するサービスの種類を選択することから始まりますが、洗濯事業を開始するための手順を見る前に、まず洗濯事業の長所と短所を見ていきましょう。

 

Bread n' Butter: Starting a laundry business (location and equipment) - YouTube

 

 

ランドリー事業を開始する5つの理由
ランドリー事業は簡単で便利なビジネスです
それは資本または管理集中的ではない
自宅からこのビジネスを開始し、そこから成長することができます
それは非常に有利なビジネスです。誰もが服を着たわけではありませんので、その後は洗濯をする時間があります。多くの人はスケジュールが厳しいので、洗濯をするのに時間がかかると考えています。これは、この人々が間違いなくあなたのサービスを求めるため、たくさんのお金を稼ぐチャンスを握る理由です。
あなたはあなた自身の上司です。あなた自身の洗濯事業を確立することの素晴らしい利点の1つは、あなた自身のやり方であなたのことを自由にすることができるということです。あなたはあなたの顧客以外の誰からも注文を受け付けません。
ランドリー事業の開始 - サンプルビジネスプランテンプレート
1.あなたの資金を考慮してください

洗濯事業を開始することは、資本集約的である場合とそうでない場合があります。あなたが始まっているスケールに応じて。リスクのレベルを下げるためにフランチャイズ契約を結ぶことを決めたかもしれませんが、これはあなたのビジネスに対する支配力を低下させ、ロイヤルティおよびその他の費用の形で追加のオーバーヘッドをもたらす可能性があります。しかし、フランチャイズマーケティングや運用上のメリットのために良い選択です。しかし、あなたはほとんど、またはまったくお金がないときに特に家庭からこのビジネスを始めることができます。

ランドリー事業を開始するにはどれくらいの費用がかかりますか?
ビジネスアイデアに時間とお金を投資する前に、まず詳細なコスト分析を行う時間を取ることが賢明な決断です。真実は、ビジネスを開始する前に適切なコスト分析が行われなかったために、一部のビジネスが失敗するということです。

事実、一部の起業家は、開始予定のビジネスの詳細なコスト分析を実施した後、バックアウトします。ほとんどの場合、彼らはビジネスを開始し実行する財政的能力を持たないことを発見したでしょう。いくつかのケースでは、起業家は、再戦略を立て、おそらくビジネスの資金調達のためにより多くの資金を調達するために、抽選ボードに戻る必要があります。

したがって、あなた自身の洗濯事業を開始する場合は、事業を開始する前に詳細なコスト分析を行うことが最善の利益になります。コスト分析を行うことで、基本的には、選択した場所で洗濯事業を開始して稼働させるための総費用が算出されます。コスト分析から得られるレポートは、ビジネスの現実的な財務目標(開始コストとランニングコスト)を設定するのに役立ちます。洗濯事業を開始するための詳細なコスト分析を検討しましょう。

ビジネス登録費用:ビジネス登録費用は国によって異なります。例えば、ナイジェリアでの事業費の登録や登録は約10,000ナイラ(56米ドル)です。あなたは、あなたの国の法人の手数料から、ビジネスを登録するのに必要な正確な金額を確認することができます。
施設の賃貸またはリース費用:実際には、賃貸やリースの費用は、国や地域によって異なります。例えば;ナイジェリアのラゴス州で洗濯事業のためにまともな施設を借りたい場合、都市のほとんどの地域でナイラ250,000〜400,000ナイラ(1,400〜2,250米ドル)の範囲で年間賃料を支払うことになります。
商業用洗濯設備を購入するコスト:基本的には、洗濯機、乾燥機、工業用アイロン、プレステーブル、発電機、棚とハンガー、洗剤、澱粉、漂白剤とナイロンの供給が必要です。これらの項目の費用は、世界の異なる国や都市でわずかに異なります。平均して、あなたは40万人のナイラから60万人のナイラ(2,250〜3,350米ドル)の範囲内で予算を取ることになっています。それはより多くの可能性があり、いくつかの変化する市場要因のために少なくなる可能性があります。
最低3人の給与:洗濯事業の詳細な費用分析を実施する場合は、6ヶ月間最低3人の給与を支払うコストがあります。 3人の従業員は、基本的には洗濯機の男性、衣類のアイロン掛け。

xn--eck3a5d6fg5cb8et469be5o.xyz

はこちら